Reserve
コラム / お知らせ

【ホワイトニングQ&A】市販のホワイトニング用品について【海外製品はどうなの?】

患者様からいただくホワイトニングに関しての質問で、特に多いものについてお話します。

Q1 歯磨き粉で歯は白くなりますか?

A.歯磨き粉では、歯を白くするというホワイトニング効果はありません。

ドラッグストアなどで販売されている歯磨き粉の”ホワイトニング効果”や”美白効果”は本当ですか?というご質問です。

ホワイトニングは、過酸化水素もしくは過酸化尿素の力を使って歯を白くします。

市販の歯磨き粉にはこの2つの成分を配合することは日本の法律で禁止されています。

そのため、ホワイトニング効果は日本の歯磨き粉にはありません。

Q2 ではなぜ歯磨き粉にそのような効果があると記載されているのですか?

A.歯磨き粉に記載されている”ホワイトニング効果”や”美白効果”は歯科医院で行うホワイトニングのような効果ではなく、着色汚れを落とす効果があるという意味での”ホワイトニング”(クリーニング効果)です。

着色汚れを落とす効果がある歯磨き粉には清掃剤や研磨剤と書いてある成分が配合されているはずです。

清掃剤・研磨剤は、リン酸ナトリウム、リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウムという成分です。

タバコのヤニ汚れに効果がある成分はポリエチレングリコール、ポリリン酸ナトリウムです。

Q3 日本で禁止されているので海外のホワイトニング用品を購入しようと思いますが大丈夫でしょうか?

A.注意が必要だと思います。

最近はネットで簡単に海外の歯のケア用品が手に入るようになりました。

ホワイトニング用品もその一つです。

実際に海外のホワイトニング用品を使用した患者様からは、「白くなった」「あまり効果を感じなかった」「知覚過敏の症状が出た」「歯が痛くなり使用を中止した」など様々なお話を聞きます。

まず、海外のホワイトニング歯磨き粉にも過酸化水素・過酸化尿素が配合されていないものがあるため、日本の歯磨き粉同様、ホワイトニング効果が得られない場合があります。

また、日本人は歯の表層のエナメル質が薄いため、ホワイトニング効果があっても歯が痛くなったり、知覚過敏の症状が出てしまう可能性があります。

安全に歯を白くするためには…

歯を安全に、確実にホワイトニングするには、一番はやはり歯科医院で受けるオフィスホワイトニングです。

歯科医院に通うことが難しければ、ご自宅で安全に行えるホームホワイトニングの方法もあります。

また、ホワイトニングをしない方がいいケースもあり、そのような診断・他の方法のご提案も歯科医院でできます。

まずは一度歯科医院に受診をして、ご自身の希望に合った方法を知ることがおすすめです。

初診WEB予約 reserve reserve

お電話でのご予約は03-6457-6487からお願いいたします。 お願いいたします。